コミュニケーションの注意点

家族以外と生活を共にしたことのない人が突然全く知らない人たちと一緒に暮らすようになれば、それまでは考えられなかったような様々な経験に出くわすものです。年齢も職業も出身地も全く違う人同士が一つ屋根の下で暮らせば、習慣や考え方価値観などもそれぞれなので、自分にとっては普通の事でも相手にとっては不快極まりない事というのも当然あります。そんな時に一方的に自分の価値観で判断して相手を責めたりすることはシェアハウスなどで共同生活を送る上では最もタブーとされることです。コミュニケーションを上手に摂ることで相手が何を考えていて、どんな価値観を持った人なのかを少しずつ確認しながら距離を縮めていくようにします。

他人とのコミュニケーションのとり方を学ぶという点ではシェアハウスなどでの共同生活ほど適したものはないかもしれません。他人とのコミュニケーションが苦手だという人でも、最初はうまくいかなくても相手のことを知りたいという思いと、相手に共感することを忘れずにコミュニケーションをとることで、徐々にお互いに心が通じる間柄を築けるようになります。複数の人間が同じ場所で生活するのですから、自分の主張ばかりでなく、まずは相手の立場に立って考えるという基本を忘れないようにすることが何よりも大切です。